牛乳?豆乳?どっちが体にいいの?小松先生のお話

有限会社SOUL PURE

0466-65-3310

〒251-0053 神奈川県藤沢市本町2-10-17

営業時間/11:00~20:00 定休日/木曜日※他不定休あり

牛乳?豆乳?どっちが体にいいの?小松先生のお話

小松先生のお話

2018/04/05 牛乳?豆乳?どっちが体にいいの?小松先生のお話

こんにちは。

 

SOULPUREの西川です
今回は牛乳と豆乳のお話をさせていただきたいと思います。

 

みなさん牛乳お好きですか?豆乳お好きですか?
僕は豆乳は好きで、牛乳は低温殺菌牛乳はおいしいと思います
普通の牛乳は苦手ですね

 

牛乳に関するうわさで、牛に大量の抗生物質やミルク増量のために、
ホルモン剤を餌に混ぜてるとか聞いたことがあるかもしれませんwobbly
実は人間の体には吸収されずに排泄されているため、影響がないんです

 

メディアによって豆乳が健康に良いという事が言われていますが、
イソフラボンの影響で子宮頸がんのリスクが高まる側面もあります
そして、豆乳が流行りはじめて、牛乳が飲まれなくなってきて、
逆流性食道炎の方が増えているというデータもあります。

 

【それでは、逆流性食道炎はどのようにして起こるのでしょうか

 

胃酸はpH2の強酸です。その胃酸が気化して食道を攻撃します。
攻撃された部位が炎症を起こして、逆流性食道炎になるのです。

 

【じゃあ、逆流性食道炎がなぜ増えたのでしょうか

 

豆乳は酸性食品で牛乳はアルカリ性食品です。
しかも自然界で唯一のアルカリ性食品です。
勘の鋭い方はわかってると思いますが、
アルカリ性食品の牛乳が胃酸を中和していたのです。

 

胃が酸性になることによって、さらに悪影響が出ます。
ピロリ菌は胃の粘膜にいるのですが、ストレスで胃酸の分泌が増えると、ピロリ菌が活躍します。
すると、大量のガスが発生し、ゲップで口内にピロリ菌が出てきます。
そして、歯周病の原因にもなっていくのです。

 

牛乳ってこんなにすごい役割を担っていたんだなとものすごく痛感しました。
今度から、たまには牛乳をのんでみよっと
逆流性食道炎が治るとのことなので、みなさんもぜひ試してみてください

 

 

投稿者 有限会社SOULPURE

TOP